「 HLCA 」 一覧

no image

「医療英語留学」1月限定キャンペーンのお知らせ!!

医療英語専門留学HLCAのキャンペーンのお知らせです!! ☆ 2019年HLCA拡大キャンペーン ☆ 新しいことに挑戦したい、今年こそは英会話を習得したい方必見です! おかげさまで多くの留学生にご利用いただき、この度HLCAを拡大する運びとなりました!! キャンペーン期間:1月1日〜1月31日のお申し込み 対象コース:全コース(留学・オンライン英会話) 割引詳細:入学金無料 疑問点などありましたら、お気軽にLINE(https://line.me/R/ti/p/%40mgy0397l) またはお問い合わせフォーム(https://hlca-english.com/contact-us/)よりご連絡ください^ ^

医療現場で英語を使えるようになるためにすべき3つのシンプルステップ

今回は、医療現場で英語を使えるようになるためにすべき3つのステップに絞って書いていきたいと思います! 医療現場で英語を使えるようになりたい!と思っている方の参考になれば幸いです   【目次】 1.英語を使ってコミュニケーションを伝えることに慣れる 2.医療英語を覚える 3.実践の場で医療英語を使う 4.おわりに     1.英語を使ってコミュニケーションをとることに慣れる 医療現場で英語を話せるようになるためには、なんといっても英語を話すことに慣れる必要があります。 よく、英語を話せるようになるにはひたすら喋ること!と書いてありますよね。もちろんそれは正解なのですが…。   喋れるようになる前に最低限の英会話の知識がないと、会話をしていてもちんぷんかんぷんだし、何が分からないかもわからずつまらないと思うので、単語帳や文法の本で英会話の基礎を簡単なテキストで勉強することが必要です。   しかし、知識はあってもそれを会話の中で組み立てて、ぽんぽんと言葉のキャッチボールをするのは、慣れるまではなかなか難しく…。インプットはしているけどアウトプットに繋げられない…という第二の壁にぶつかるかと思います。   そこで、喋るのに慣れるまでのおすすめのやり方は、 「よく使う文章・フレーズを事前に準備して話す」です。   例えば自己紹介。 My name is Reona,26 years old from Sendai prefecture in Japan. I have been working for 4 years in the Pediatric hospital as a nurse. Currently I’m working as an intern at Happy Life Cebu Academy, at the same time I’m studying medical English………   初めて会った人と話すときは大抵己紹介から始まります。 そこで話すことは大体いつも一緒です。   その場で文章を作るのではなく、家族のことを聞かれたときは「家族説明パターン」、趣味について聞かれたときは「趣味パターン」など、あらかじめパターン集を作っておいて、必要な時に召喚!!できるようにしておくと、それほど気負わずにしゃべることができました。   何より、色々な相手に何回も同じフレーズを話すので頭に定着するし、初めての人にも通じた!という自信にもなります。   これいつ使うのだろう?というような単語・文章を覚えるよりも、今にでも使いたい文章を準備してすぐ使う方が楽しいし、喋れるようになってきた!という実感があると思います。   どんどんフレーズ集を増やしていくと、自信をもって話せる話題が増えていきます。   少し慣れてくると、喋っている最中にそのフレーズの単語をちょっと変えて違う文章を作ったりと応用ができるようになってきます。   そして実はこれは医療現場で医療英語を使う際にも使える手法です。   病院でも、初めて入院してきた人に話す流れは大体一緒ですよね。   例えば、バイタルサイン測定。 挨拶して、自己紹介して、名前を言ってもらって、測定する項目の説明をして測って…という流れは毎回同じです。   この流れを英語で覚えてしまえば、あとはシチュエーションに合わせて召喚するだけでなんとなく話せます。   ちなみに、ハルカのテキストではシチュエーションごとに医療者対患者のダイアログが掲載されています。     もちろんこれを丸覚えするのではなく、自分が話しやすい・覚えやすいフレーズにアレンジして覚え、ロールプレイングで頭に定着させる。   そうして基本の流れが頭に入っていると、応用して個々に合わせた会話ができるようになってきます。   そもそもどうやって話せばいいのわからない!その場で文章を作れない!という人にはお勧めの方法です。     2.医療英語を覚える ...

フットボール大会の救護班ボランティアに参加!!

こんにちは、語学学校HLCA、インターンのATSUSHIです。 先週末、 Cebu city sports center で開催された Thirsty Cup というフットボール大会の救護班ボラ ンティア活動に生徒の方々と一緒に参加させていただきました。 本大会は 、Fresh Fruit Juices & Shakes という会社の開業15周年を記念して開催されました。 2月23日から三日間開催されている内、私たちは2月25日、午後4時~8時30分に参加 しました。 お世話になる救護班ボランティア団体は、先日のマラソン大会に引き続き REAVO 様です。 今回もご一緒させてくださり、ありがとうございます! 大会会場にはフィールドが4面も設けられており、一斉に試合が行われています。 応援席にも多くの方々がいらっしゃっておりました。 フィリピンで特に人気のスポーツはバスケットです。 それに比べてフットボールはそれほどメジャーではないイメージがあったので、会場にいる人の多 さに驚きを感じました。 また、女性にも人気のあるスポーツであるようで、女子FIFAランキングにも名を連ねているほどです (2月26日現在、FIFAランキング:男性123位、女性69位)。 試合は時間帯が遅くなるにつれて年齢層が上がり、以下の4部門に構成分けされていました。 Under 15 Under 17 Women’s open Men’s open ボランティア団員の方にお話を聞くと、やはり年齢層が上がるに連れて怪我の度合いも重くなる傾向 で、ひどい場合には選手同士の激しい衝突により骨折してしまう選手もいるとのこと。 ボランティア活動中の時間中に Men’s open の時間帯が含まれているそうなので、 改めて気を引き締めて取り組むこととしました。   さて、今回参加される生徒のお二人は医療現場で働いて来られた経験を持っておられます。 今回の救護ボランティアは応急処置を取り扱う為、国内、国外問わず、やり方に大きな違いはない だろうと思っておりました。 ふと、そんな疑問を生徒のAYAKAさんにお伺いしたところ、 『確かに取り扱っている医療道具や処理は日本と違いはないけれども、 患者さんを目の前にして大切なことは患者さんを安心させてあげて、しっかりと症状を聞き出す こと。 そういった勝手の違いが難しいと思いますね』 さすが、専門の方のご感想です! 確かに患者さんが安心出来る雰囲気は重要です。 その雰囲気づくりの第一歩が患者さんとのコミュニケーションなのでしょうね。 救護テントには、5~10分程度の間隔で負傷した選手や応援に来られて会場で怪我をされた方々 がやって来られました。 生徒の方々はボランティア団員の方と協力して迅速に処置を施していきます。 参加して間も無くは患者さんに話しかけることも少なかったのですが、次第と積極的にコミュニ ケーションを図っていらっしゃいました。   短時間のやり取りですが、患者さんとの話す機会があった方が処置後にThank you! Salama!(タ ガログ語のありがとう)と笑顔で言って帰られる方も増えたように感じます。 患者さんと距離が近づき、安心された結果ですね! また、生徒のお二方はボランティアを通じて活きた実務的な英語が経験出来たようで、ボランティア団員の方々に英語で患者さんの痛む具合の尋ね方などを教わったりしていらっしゃいました。 ボランティア参加時間も限られていたので、全ての疑問を確認することが出来なったようですが、 生徒のお二方は授業内で先生に聞いてみるとおっしゃっておりました。 医療英語コースを設けているHLCAならではですね、頼りになる先生が多くいらっしゃいます。   幸いにも大きな怪我をされる患者さんもおらず、無事に終えることが出来てよかったです。 救護班REAVOの皆様、お世話になりありがとうございました。 生徒のお二方、お疲れ様でした。 また機会がありましたら、ボランティアにご一緒させてください!

医療英語留学×JHD(病院の日本人患者専用窓口)でのインターンシッププログラムがセブ医療専門英語学校で開始!

医療専門英語学校ハルカは2018年2月より、JHD(ジャパニーズヘルプデスク)の協力のもと、医療英語留学×医療現場でのインターシッププログラムを開始いたします。インターンシッププログラム終了後は1年間の契約社員としてフィリピンのやインドのJHDで就職できるチャンスも! 学校で学んだ医療英語を即実際の現場で使用でき、医療職の一員として海外で勤務できる経験は、他校にない唯一のプログラムです。その後契約社員へと歩みを進めることで、結果的に留学費用は賄うことができます。 既に数名の卒業生がフィリピン国内のJHDで活躍しています。※フィリピンの他にインドやカンボジアの勤務も可能です。 マカティメディカルセンターに勤務している卒業生のコメント 彼女は日本で臨床検査技師として働いてた方で、将来医療通訳を目指し、当校のJHDインターンシップ8週間コースを受講されました。その後当校の提携先であるJHDへ就職へと進み、フィリピン経済の中心であるマカティ市にあるマカティ•メディカルセンター内のJHD内で勤務を開始しました! —————以下メッセージ———————- マカティでのJHDの仕事も、生活も、おかげさまで慣れてきました。 お話し伺ってた通りに、マカティはセブと違って疾患のバリエーションが本当に豊富です。オフィスも日本人は私だけなので、英語も医療知識もぐんぐん伸びてる気がします ここは、治安も良く感じてて、不便なく過ごしてます! JHD(ジャパニーズヘルプデスク)とは、、、 フィリピンを拠点に、フィリピンとインドの主要病院に設置された日本人用の診察窓口・クリニックです。 フィリピン留学中の生徒や在住者が体調を崩した際や怪我をした際に必ずと言っても良い程お世話になる、海外旅行保険でのキャッシュレスでの診察・治療や国民医療保険の還付が受けられる窓口です。また所属医師の往診サービスも実施されています。詳しくは下記URLをご覧ください。 https://www.j-helpdesk.jp <医療英語留学×医療現場でのインターンシッププログラム> 期間:8週間〜(最低6週間の医療英語留学コース受講後、2週間の医療英語コース×医療現場でのインターンシップ) 募集要項: ・男女問わず25歳以上 ・英語で簡単なコミュニケーションが可能な方(一般英語中級以上が好ましい) ・日本で医療職者としての経験がある方、または医療事務、医療通訳を目指している方など ・受け身ではなく自己で積極的に動いていける方 ・生活・医療環境の違いを理解して他者に敬意のある態度を取れる方 ・個人情報保護や参加規約に同意できる方 ・自己で責任を持ってインターンシップ先への通勤ができる方 ・インターンシップ参加試験に合格した方(留学期間中に必要な内容を学習し、校内で受験します) ※英語のレベルに不安がある方はプログラム前の留学期間を長くし、英語力を向上させた上で参加することが可能です。 ・インターンシップ概要・ 時間:平日の午後9時〜午後5時 土日祝はお休みです。 インターンシップ場所:Cebu Doctors Hospital またはChoung Hua Hospital Mandaue インターンシップ内容:勤務場所によって仕事の内容は変わりますが、基本は医師と患者様との間に入って通訳や診察・検査・入退院アシスタントを行います。 ・学校へデイリーレポートの提出 ・全期間終了後はプログラム修了証が授与されます。 ・プログラム費用・ インターンシッププログラム参加費用はこちらです。 プログラム参加前の留学費用が別途必要ですので、こちらのページをご参照ください。 https://hlca-english.com/rates-new/ ・JHD契約社員・ こちらのコース終了後、希望者は再度面接と試験を受けていただきます。 例)CDUD併設のJHD ・勤務場所は空き状況によって決定 ・勤務時間 平日午前8時半〜午後5時半/土曜日午前8時半〜午後2時/日・祝お休み ・24時間オンコール(電話対応のみ) ・給料は手取り 5万ペソ ・家賃補助 7,500ペソ ・就労ビザ支給 (費用は会社負担) ・勤務期間は1年間(短縮・延長なし) ・6ヶ月後より海外旅行保険会社負担 興味のある方は下記よりお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォームhttp://www.hlca-english.com/contact-us

「セブ島看護・医療留学」HLCAドミトリー(学生寮)の魅力を追求してみました。

日本のような整った国とは違った環境ですから、メリットがあれば必ずデメリットがあります。その部分をどうやって昇華していくかが宿泊施設を決めるときのキモになるでしょう。わたしの感覚ではコンドミニアムホテルよりドミトリーに移ってからの方が生活が充実しています。近くに誰かがいるのが心地良いんですね。

HLCA 病院見学実習レポート(歯科編)

語学学校HLCAはフィリピン・セブ島にある医療英語専門の語学学校です。 最近では医師の先生方に加えて歯科医師の先生も入学されるようになりました。 今回はHLCAの医療英語コースの一環として、地元はセブの私立大学の一つであるサウスウェスタン大学の歯学部を訪問しました。 SWU(South Western University)とは サウスウェスタン大学はセブ市内にいくつかある大学の中でも歴史が非常に古く、第二次世界大戦後すぐである1946年に設立された総合大学で、今回訪問した歯学部は毎年フィリピン共和国歯科医師国家試験の上位成績者を輩出しています。 今回は歯学部長Dr Rodivick O. Docor先生直々のお出迎えを受けて、歯学部キャンパス内に案内されました。歯学部長は日本の文部科学省からの奨学金で日本の国立大学の大学院に留学され、歯学博士(Ph.D.)の学位を取られた優秀な歯科医師の先生です。 日本で歯科医師をしている寺本先生も、今まで体験したことのない外国の歯学部の見学と会って興味津々です。医療英語の授業の一環と言う事も忘れて、自然と歯科医学と歯科医療について話が弾みます。自分が日本で受けてきた歯学教育とフィリピンの歯学教育とを比較しながら、共通点や相違点についてメモを取っていきます。 治療の様子(治療しているのは学生さんです) ちょうど歯学部キャンパス内の歯科教育クリニックに入ると、臨床実習に出ている上級学年が患者さんを相手に治療をしている最中でした。フィリピンでは日本と異なり、医学生や歯学生は在学中に実際に患者に触れて侵襲的行為を含む一通りの医行為を行わないと卒業が許されないのです。 高等教育監督省庁に定められたカリキュラムに従って一定数の患者数を診ていきます。 学生もノルマをこなして卒業するために必死で患者を集めてがんばります。 質素な外見の歯学部ビルディングの印象とは異なり、内装は非常に充実しています。 それが証拠に比較的新しい歯科用チェアが何台も所狭しと並べられていました。 ここではお見せしていませんが、フィリピンにおいて歴史が古い学校だけあって座学で使われる校舎の木の廊下や木の階段はとても古いのです。 しかし臨床実習用のクリニックは真逆で写真で紹介しているように非常に新しいのが印象的でした。 歯学生が立派な歯科医師になれるように歯科治療に直接関係した設備だけは充実させようと言う気風のようなものが感じられました。 小児用の診察・治療ルーム こちらは清潔感あふれる小児歯科クリニックです。今日は患児がだれもいないので休診日です! 日本の大学院に留学された歯学部長はまた日本語も堪能でおられるので、英語に交じって時折日本語の説明が入ります。ご多忙な中を自ら率先して熱心に説明して下さいました。   歯学部の授業風景 歯学部の授業風景です。歯学生たちは熱心に講義を聴き、教授の質問に答えていました。HLCA学生の歯科医師の先生は、歯学生が教授の話を熱心に聞いている事と、質問に対しては素直に答えているところ、また突然の訪問客にもスマイルで出迎える事に対して非常に感銘を受けていたようです。 フィリピンでも日本と同様に6年制の歯学教育ですが、臨床歯学の教育が始まる前の下級学年なのでしょう、写真で紹介している授業は口腔解剖学・口腔組織学の授業のようです。 教科書を手元におきながら先生の質問について考えています。 よく見るとタブレットを持ち込んでいる歯学生が見られるのは今どきの日本やアメリカなど先進国の歯学生と同じかも知れません。 奨学金等に頼る学生を除くと、歯学部は他の学部とは異なり裕福な階層の子息が比較的多いので、いま流行りのタブレットや様々のガジェットも普通に見られます。 <おまけ編> さて偶然ではありますが、歯科医師の先生方が垂涎の歯科用マテリアル・歯科検査機器及び歯科治療器具の数々を展示したワークショップが、近隣のモールで開催されていました。 歯科材料系のワークショップ等は歯科医師の先生方に人気のようですが、よい品を安く提供しているフィリピンの歯科関連機器展示会に先生も感心していました。中国が人気の開催地のようですが、フィリピンはセブで歯科材料や歯科治療機器を渉猟されるのはいかがでしょうか?

Copyright© Happy Life Cebu Academy , 2019 All Rights Reserved.