よくあるご質問 > HLCAについて >

Hospital Tourに参加してきました

HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部
公開日:2017.06.13
更新日:2019.07.01

  病院の大きさは、私が考えていたほど小さくなく、救急、産婦人科、歯科などいろんな科がありました。   まずVP Mr Melgarさんが私たちを出迎えてくれ、いろいろとお話をしてくださりました。その後私たちはナースの案内で院内を見学してきました。   最初に救急の所へ案内してもらい、救急で使用している処置室、ベットルーム、オペ室などを見学しナースさんから説明を受けました。 次に入院病棟に行き、実際に患者さんが入院されている部屋を見させてもらいました。   ナースステーションが真ん中にあり、一方はプライベート、もう一方は4人部屋になってました。 4人部屋を見させてもらいました。日本の様にそこまで広い部屋では無く、ベットとの間もカーテンで仕切られていませんでした。 *患者さんがいたので、写真は取れませんでした。   そしてすぐ横の棟には妊婦さん用の入院部屋がありました。 部屋の大きさはコンビニエンスストアーが2個ぐらいでしょうか、そこにはベットが全部で14個ほど並んでいて(ここもカーテンなどはありません)、数人の患者さんとご家族の方がいらっしゃいました。 同じ部屋の隅には、2人の赤ちゃんが黄疸の治療を受けてました。   ここから生徒さん達は、各自専門の部署に行き見学されました。 薬剤師の生徒さんは、病院内1階にある薬局に行きました。 病院の薬剤師さんに、この病院では何種類の薬を扱っていますか?どのように管理しているのか?などなど質問をされていました。   もう一人ナースの生徒さんは救急の所に行きました。現場のナースから施設、設備等を詳しく説明してもらってました。 説明をしてくれたナースは、日本の病院で勤務したことがあるようで、2人は楽しそうに話をしてました。 この日は救急の患者さんがいなかった為、処置している所には立ち合えませんでしたが、この日に実際に行われていたオペを見学されたようです。   他の病院、ましては海外の病院を見学できる機会はなかなか無いと思います。 帰りの車内で2名の生徒さんが、自分達が体験、見てきた事を話しお互いの体験をシェアしてました。 とても楽しそうに話している2人の姿を見て、とてもいい経験だったんだと思います。僕自身もいい経験をさせてもらいました。     留学を考えている医療関係の皆さん、当校HLCAでは医療英語を勉強でき、このように現地の病院も見学することが出来ます。(医療英語コース 2週間以上で病院見学実習 参加可能です) このようなスケジュールを組んでくれる学校は、なかなか無いと思います。ご興味をお持ちの方、ぜひHLCAでの留学をご検討してみてください。 Hide]]>

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部

HLCA BLOG編集部です! 医療英語やHLCAでの学校生活、セブ島の情報など、医療従事者や医療系学生、セブ島留学を考えている方に役立つ情報を発信しています。 「海外の患者様が来たらどう対応したらいいの?」「海外の病院ってどんなかんじ?」と思ったときにはぜひ、このブログを読んでみてください!