よくあるご質問 > HLCAについて >

【随時更新】セブ島医療留学ハルカでの新型コロナウイルスへの対策と対応

HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部
公開日:2020.02.18
更新日:2020.03.30

(※ こちらのページでは随時、コロナウイルスに対するフィリピン政府、セブ市、ならびに弊校の対応について更新して参ります。)

この度は、コロナウィルス感染拡大・予防にともなう様々な措置により、ご予定されていました期間でのご留学時期の変更、休校となり、皆様の安全・健康の為の最善の措置とはいえ、弊校といたしましても大変残念に思っております。

今回のフィリピン政府、航空会社の急な発表に伴い弊校としてもどうしようもできない状況に大変心苦しいものがございます。

日々、目まぐるしく変わる情報の中で私達スタッフ一同、皆様へも確実で迅速な対応を意識し、皆様の学習をなるべく支援できるよう尽力させていただきます。

以下に弊校としての4月末までコロナウィルスに伴う対応詳細、方針を記載させていただきます。

また、ご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

【出国便フライト欠航確定情報(2020年3月17日 日本時間18:00時点)】

セブ 〜 日本間のフライトが一時欠航となっています。

・対象便:セブパシフィック航空 / フィリピンエアー 両便

・期間:2020年3月20日 〜 4月14日

・区間:セブ 〜 日本便全て(フィリピン国内線も基本全て制限)

※ エアアジアなどは2020年3月29日〜台湾行きの便などがある可能性がございます。

【新規生徒の受け入れに関して(2020年3月17日 日本時間18:00時点)】

誠に残念ではございますが、2020年3月17日〜4月30日の新規生徒受け入れをストップせざるを得ない状況となってしまい、その決定をいたしました。

それ以降の留学お問い合わせ、お申し込みに関してはこちらから随時お問い合わせください。

【休校期間に関して(2020年3月17日 日本時間18:00時点)】

コロナウイルスの影響により3月14日(土)、フィリピン政府より「マニラ首都圏、並びにセブ市内の全ての学校を休校にするように」との発表がありました。

これにより、2020年3/16(月)〜3/28(土)の期間を休校とさせていただきます。3/30(月)以降は通常通り学校運営を行なっていく所存でおります。

【弊校の休校期間中の在校生への対応(2020年3月17日 日本時間18:00時点)】
  1. フライトがキャンセルになった方などは2020年4月30日までの宿泊施設費用、その際にかかるインターネット使用料、光熱費、VISA代を無償で提供させていただきます。
  2. 学習面でのサポートでは、学習マテリアルの提供と課題の添削、および午前中の質問用チャットの解放を行なっております。

そのような背景も合わせて、今回、

  1. 当校の新型コロナウイルス対策と対応
  2. 運営方針

についてご紹介させていただきます。

当校での対策

医療専門だからこそ、新型コロナウイルスの対策はしっかりと行っています。

姉妹校Kredoとも協力して対策しており、Kredoも含めて、感染者は1人も出ていません。

マスク配布

当校では、咳やくしゃみなどの症状が少しでもある人には無料でマスクを配布しております。

厚生省によると、マスクは咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとのことです。

アルコール消毒液・除菌ハンドソープの設置

学校に設置しているアルコール消毒、除菌ハンドソープを増量し、トイレや洗面台、学校の各場所に配置しています。

また、随時使用を生徒や先生にも手洗い・うがいを呼びかけています。

厚生省によると石けんやアルコール消毒液などによる手洗いは感染防止に効果的です。

学校ビル入口にもアルコールを設置

学校の入っているビルの入り口にもアルコールが設置してあり、ビル全体でコロナウイルス感染予防に努めています。

換気の徹底

当校では日中の換気を徹底しております。

厚生省は、3月1日付でコロナウイルス感染者の集団感染予防のために定期的な換気を呼びかけていて、当校ではコロナウイルス感染者はいませんが、もしもの時に備えて対策をしっかりと講じています。

厚生省:新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

日本人向けクリニックとの連携

当校はセブ島にあるジャパニーズヘルプデスクという日本人向けクリニックと連携をとって対策を行なっています。

毎週、学校に医師と看護師が診察に来て、必要な時には薬の処方もしてもらえます。

またこちらは、海外保険加入者は無料で診察が受けられます。

また緊急時には、ジャパニーズヘルプデスクと連絡を取って、セブ市内の大学病院(セブドクターズユニバーシティホスピタル)やチョンワ病院で診療を受けることが可能です。

学校入口で毎日の体温チェックを実施

全職員・全生徒含め、校内に入る人は全員体温を測定を行っています。

また、もし37.5度以上ある場合には学校に入れず、自宅で休んでもらうようにしています。

校内保健室での初期対応

当校には姉妹校Kredoの生徒さんも常時使用いただける保健室があります。

体調が悪いときには休めるようにベットが置いてあり、応急処置キットもあります。

ハルカの日本人スタッフの3名は看護師資格保持者です。 (全員、臨床経験4年以上)

もしものときの初期対応は、わたしたち日本人スタッフにお任せください。

大学病院との連携

当校で提携しているセブドクターズユニバーシティ病院について説明いたします。

病床数は300で、ICUやNICUをはじめ一般病棟、呼吸器専門病棟、リハビリ専門外来、薬剤科、眼科、放射線治療など様々な診療科があります。

採血・採尿・心電図・レントゲンなどの基本的な検査項目はもちろん、MRIやCT、Angio装置まであります。

そして何よりも安心なのが24時間体制で救急対応してくれます。

救急でも必要に応じて検査・投薬・入院が可能で、海外保険加入者は無料で診察や治療が受けられます。

赤十字協力の元、コロナウイルス対策会

フィリピン赤十字の協力のもと、校内で全スタッフに向けコロナウイルス対策会を実施いたしました。

講師含めスタッフ・生徒も参加してコロナウイルスに感染した場合の対策、そして感染しないための対策を勉強しました。

【コロナウイルス勉強会の内容】
  1. コロナウイルスとは?
  2. どうやって感染が広がるの?
  3. 正しい感染予防対策
  4. コロナウイルスかな、と思ったらどこに相談したらいいの?
  5. コロナウイルス感染したら、どこの病院に行けばいいの?

また予防として手洗い・マスクはもちろんのこと、忘れがちなのは下記のような対策です。

やはりしっかり体調を整えることが大切です。

  1. お肉や卵はよく火を通すこと
  2. 十分な睡眠を取って体調を整えること
  3. ビタミンを十分に摂取すること

(引用元:ビタミンCはコロナウイルスから体を守る WHO

今後の方針について

留学のご相談やお問い合わせは、通常通りお受けしております。

また入国制限、規制が敷かれた場合には無料で留学開始時期をずらしていただく、などの対応をさせていただきます。

安心・安全に留学するならHLCA(ハルカ)

上記のように、当校では状況に応じて随時、対策を行って参ります。

セブ島において安全な留学生活をスタッフ一同の尽力の元、お届けいたします。

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部

HLCA BLOG編集部です! 医療英語やHLCAでの学校生活、セブ島の情報など、医療従事者や医療系学生、セブ島留学を考えている方に役立つ情報を発信しています。 「海外の患者様が来たらどう対応したらいいの?」「海外の病院ってどんなかんじ?」と思ったときにはぜひ、このブログを読んでみてください!