よくあるご質問 > HLCAについて >

医療英語を学べるアプリ!毎日気軽に取り組めるおすすめ6選

Avatar
HLCAインターン
公開日:2019.02.23
更新日:2019.07.03

こんにちは!

看護師として4年間働いたのちに、HLCAでインターンをしながら国際看護師を目指している高橋です!

近年、日本で働く外国人や観光客の増加に伴い、病院を訪れる外国人患者さんも増えてきています。病院で働く方の中には「外国人患者さんと話すために英語を勉強したい」と考える方も少なくないはずです。

そんな方が1番手っ取り早く取り組めるのが、スマホアプリでの英語学習です。

英語学習アプリはいろいろありますが、今回は医療英語に絞っておすすめのアプリを紹介します。

【こんな方にオススメ!】アプリ
・仕事が忙しく、机に向かって英語を勉強する時間を取りにくい方
・飽きっぽく、同じことを長時間するのが苦手な方
・通勤時間によくスマホをいじってしまうが、本当は有意義に過ごしたい方

アプリ別に、どの医療職種に向いているか紹介しています。

また、医療留学のプロにより医療英語に関する無料のカウンセリングも受け付けております。

お気軽にお問い合わせください!

【HLCAで医療英語を学びませんか?】
医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」

という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

1.医療英語を学ぶのにアプリがオススメである理由

医療英語を学ぶために、なぜアプリがよいのでしょうか。

答えは、隙間時間で気軽に学べるからです。

病院で勤める方は、毎日の仕事や家のことで忙しいですよね。

本来は、勉強をするために机に座ってテキストを広げて…というのがベストです。とはいえ、まとまった時間を取れない方もいらっしゃることでしょう。

その点、アプリであれば電車の待ち時間や通勤時間でも気楽に取り組むことができます。英語学習は、いかに継続できたかが重要です。

アプリで医療英語を学ぶことは、英語に触れつづけるきっかけを作るのにもってこいです。

2.医療英語アプリ厳選6選

医療英語を学ぶアプリはたくさんありますが、この記事では、

・医療英会話・医療通訳に長けているアプリ
・医療英単語を学ぶアプリ
・日常生活で自然に医療英語に触れられるアプリ

という項目でご紹介します。

2-1.医療英会話・医療通訳に長けているアプリ

日本で医療英語を習得したい方は、まずは患者さんと英語で話せるようになりたいと思うことがほとんどでしょう。そんな方にオススメの、医療英会話・医療通訳を学べるアプリはこちらです。

EXLanguage Nurse

EXLanguage Nurseの無料版では、看護師向けの医療英会話が紹介されています。

あいさつから問診、動作指示に至るまでの内容を、英文と音声で確認することができます。

対応言語は、英語の他、中国語、韓国語、ポルトガル語です。

シンプルでよく使う英文のみが厳選されています。

はじめの一歩として医療英語を学びたい看護師には、取り組みやすい内容です。

有料版になると、200以上の会話フレーズを学習できます。

看護師だけでなく医師や検査技師など他の職種の方にも役立つアプリです。

メディフォン

メディフォンは、医療機関における外国人患者さんとの会話をサポートするアプリです。

英語と中国語へ対応しています。

会話については、「受付」「問診」「診察」などの場面ごとに、よく使う英語フレーズをまとめてあります。

場面に応じて例文が記載されており、クリックすると英文を確認でき読み上げの機能も利用できます。

先ほど述べたEXLanguage Nurse(無料版)よりも英文の種類が多いです。

看護師だけでなく、薬剤師、受付スタッフにも役立つ内容となっています。

また、メディフォンでは、医療英語を学ぶだけでなく医療通訳自体を利用することができます。

通訳者は、言語に堪能なだけでなく医療分野の知識を持つ人たちです。

言葉が通じずに不安を感じている外国人患者さんの力になってくれることは、間違いないでしょう。

2-2.医療英単語を学ぶアプリ

医療通訳を目指したい、海外で働きたいと考える方は、日常使われている医療用語を英語で習得する必要があります。

医療の場で使う英単語を学びたい方には、こちらの2つのアプリがおすすめです。

医療通訳英単語 器官名称

体の器官についての英単語を日本語で答える、テスト形式のアプリとなっています。

器官別にカテゴリーが分かれており、その中から選ばれた問題に対し四者択一で答えを選ぶ形です。

医療英単語を学びたい全ての方に適しています。

収録されている英単語は、厚生労働省医療通訳養成カリキュラムのテキストがベースです。

イラストなどはありませんが、各項目5問ずつの設定ですのでゲーム形式で取り組みやすいアプリとなっています。

医学部英語 WinWords

医師向けの高度な医療英単語を学習したい方には、WinWordsがおすすめです。 出題される英単語はレベル別に分類されています。

スマホ上で「単語の意味が分かるものは右、分からないものは左」という風に操作します。

また、マイリストとして、苦手な単語を登録することも可能ですので、覚えにくい単語を重点的に強化することができます。

2-3.日常生活で自然に医療英語に触れられるアプリ

以下のアプリは医療英語に特化してはいませんが、医療を含めた日常会話や多読の練習に向いています。

マンガ『ブラックジャックによろしく』英語版

多くの人が知る医療マンガ『ブラックジャックによろしく』を英語で読むことができます。

医療英語というよりは、医療を含めた会話を自然な形で学ぶ方法です。

このアプリでは、英語をクリックするとすぐに日本語訳や重要な英単語・熟語を見ることができます。

マンガですので、英語の勉強というイメージなく読み進められます。

全巻対応はしていませんが、繰り返し取り組めば医療英語だけでなく日常会話も学べる内容です。

Polyglots(ポリグロッツ)

Polyglotsは英文記事を読みながら医療に触れられるアプリです。

アプリの中には、音楽や旅などのコンテンツがあり、その一つとして医療分野があります。

このアプリの特徴は、わからない単語をタッチするとすぐに意味と発音を確認できることです。

そしてその単語をストックして、のちほどテストできます。

英単語を調べなくていいというだけで、長文を読むストレスが減るのがメリットです。

3.医療英語習得のために、まずはスマホで簡単に始められるアプリを使ってみよう!

誰もがスマホを持つ時代、スマホでできることは格段に増えてきています。

忙しい毎日の中では、ちょっと暇ができるとスマホを眺めてしまいがちです。

しかし、その短時間で自分の興味のある医療英語に触れるだけで、何日も積み重ねると大きな知識量になります。

英語は、ある日突然話せるようになることはありません。

日常生活に取り入れやすいアプリを活用し、毎日コツコツ学習していきましょう。

4.集中して医療英語を学ぶなら、セブの医療英語学校HLCAへ

毎日アプリに触れるといえども、日本で忙しい中英語を勉強できる時間は限られています。

また、1人で勉強するとモチベーションを維持し続けるのが大変です。

医療英語学校HLCAは、短期間で医療英語を身につけられる学校です。

1〜2週間という短期間でも留学すれば、集中して医療英語を身につけることができます。

それだけでなく、日本で英語を学び続ける動機付けにもなります。

効果的に医療英語を身につけたい方は、思い切ってHLCAへの留学を検討してみてはいかがでしょうか。

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
Avatar
HLCAインターン