よくあるご質問 > HLCAについて >

フィリピン・セブ島留学の持ち物について

HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部
公開日:2015.03.02
更新日:2019.08.09

【重要】
◉パスポート・・・滞在期間+6か月間有効なもの(顔写真ページのコピーを2枚とってそれぞれ別の場所へ保管しておきましょう)
◉航空チケット・・・フィリピンへの入国には行きのチケットの他に、日本へ戻るチケットまたは別の国へ出るチケットが必ず必要です。
往復のオープンチケットを購入した場合は帰りの日付を一旦フィリピン入国から30日以内に設定しておいて、入国後あらためて設定し直すことをおすすめします。(まれにオープンチケットで帰りの日付が未設定の場合、入国拒否された事例が報告されています。)
日付再設定には手数料がかかるのでチケット購入元に確認しておいてください。
チケットはタブレット等のディスプレイを見せるのではなく必ず印刷したものをご準備ください。
◉海外旅行保険加入・・・クレジットカードの海外旅行保険を含め、保障内容や条件をよく確認しておきましょう。保険証書を忘れずに。

 

【持ち物リスト】
◉パソコン・・・普段から使用されるかた
◉(タブレット)・・・スマートホンをタブレット代わりに使えます
◉電子辞書・・・替えの電池も多めに準備していれば尚○
◉日本語版の英語の参考書・・・自己学習に必要
◉常備薬 (風邪薬、胃腸薬、鎮痛薬等)・・・持病があるかたはその薬をご準備ください
◉基礎化粧品・コンタクトレンズ関連・・・普段使ってるものを
◉日焼け止め・・・現地でも買えますがベタベタで使用感がよくないものが多いです
◉USBまたはSDカード・・・こちらでも買えますが特別安くありません
◉カメラ (水中もあればなおgood)
◉クレジットカード ・・・ほとんどのレストランやショッピングモールで使えます
◉国際キャッシュカード・・・日本の銀行からお金をおろすことができる(Cityバンク、新生銀行等)
◉筆記用具・・・ノートやボールペンはクオリティーが低いので使いやすいものを
◉上着・・・タクシーやショッピングモールは大変クーラーが効いていますのでカーディガンやパーカーがあると重宝します

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部

HLCA BLOG編集部です! 医療英語やHLCAでの学校生活、セブ島の情報など、医療従事者や医療系学生、セブ島留学を考えている方に役立つ情報を発信しています。 「海外の患者様が来たらどう対応したらいいの?」「海外の病院ってどんなかんじ?」と思ったときにはぜひ、このブログを読んでみてください!