よくあるご質問 > HLCAについて >

【医療機関】留学中に体調を崩したらジャパニーズヘルプデスクに電話しよう。

HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部
公開日:2017.05.31
更新日:2019.07.30

マガンダン・ハポン。

こんにちは、HLCAに留学中のSUGIです。

▼バックナンバーを以下よりお読みください。
第1回(  http://www.hlca-english.com/5301  )「自己紹介」
第2回(  http://www.hlca-english.com/5317  )「1日のスケジュール  」
第3回(  http://www.hlca-english.com/5352  )「授業風景(一般英語)」
第4回(  http://www.hlca-english.com/5357  )「持ち物チェックリスト」
第5回(  http://www.hlca-english.com/5377  )「宿泊先ホテルの設備」
第6回(  http://www.hlca-english.com/5423  )「同期生の卒業式」
第7回(  http://www.hlca-english.com/5434  )「週末の過ごし方」
第8回(  http://www.hlca-english.com/5484  )「ジャパニーズ・ヘルプ・デスク」
第9回(  http://www.hlca-english.com/5504  )「英語でのプレゼン」
第10回(  http://www.hlca-english.com/5510  )「スラム街でのボランティア」
第11回(  http://www.hlca-english.com/5549  )「授業風景(Medical English)」
第12回(  http://www.hlca-english.com/5607  )
第13回(  http://www.hlca-english.com/5659  )「散髪について」
第14回(  http://www.hlca-english.com/5681  )「TOEIC試験」
第15回(  http://www.hlca-english.com/5697  )「TOEIC試験の好評」
第16回(  http://www.hlca-english.com/5736  )「リアの寺院までの行き方」
第17回(  http://www.hlca-english.com/5748  )「モルボアルのホワイトビーチ」
第18回(  http://www.hlca-english.com/5790  )「HLCAドミトリー」
第19回(  http://www.hlca-english.com/5809  )「医療英語コースを終えて」
第20回(  http://www.hlca-english.com/5814  )「病院実習開始」
第21回(  http://www.hlca-english.com/5821  )「病院実習終了」

【HLCAで医療英語を学びませんか?】
医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」

という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

 

ジャパニーズヘルプデスクってなに?

ジャパニーズヘルプデスクとは、わかりやすくご説明すると、日本語対応可能な外来専門クリニックのことです。

海外で医療機関を受診すると想定外な高額請求をされることもありますから、基本的な海外保険の範囲内でなされています。時には、追加している保険や対応するクレジットカードでの海外保険などを確認しているようです。

駐在スタッフが医師との通訳もしてくれるので、自分の病状をうまく英語で説明できなくても安心です。

 

ジャパニーズヘルプデスクまでの行き方

今回はIT PARKからジプニーに乗って直接行きました。

乗車するのは “17B”のジプニーで、目的地を伝えて途中で降ろしてもらいます。運賃は7ペソです。30分程度で到着しました。

ジャパニーズヘルプデスクは、「ロビンソン・サイバーゲート」というところにあり、降車場所に不安のある場合は運転手に事前に確認しておきましょう。わたしは逐一「ここはロビンソン・サイバーゲートなの?」とか運転手に確認していました。彼の若干鬱陶しがるような表情が印象的です。

ロビンソン・サイバーゲートの周辺はローターのようになっており、人の行き来も激しくなったように感じました。

426号室のジャパニーズヘルプデスク

ロビンソンサイバーゲートの1階はちょっとしたショッピングモールのようになっており、フードコートなども充実しています。そしてこの4階に今回の目的であるジャパニーズヘルプデスクがあります。

わたしが訪れたときにはすで外来の患者さんたちははけて、閑散していました。

この426号室が知人の働くジャパニーズヘルプデスクです。

ここには語学留学の学生や駐留日本人など、毎日たくさんの方が受診するようです。彼女が現地医師と日本人患者との通訳をしているようです。現地で駐在スタッフなんて本当にいいですね、憧れます。

ここではフィリピンの医療の現状や問題点の説明を30分くらい聞き、その後彼女のご好意で、隣接している”チョン・ワ病院”を訪問させてくださいました。

 

チョン・ワ病院

ロビンソン・サイバーゲートの1階を出てすぐにあるのがチョン・ワ病院です。建物はかなり大きく、入り口に警備員が立っているということで、利用するのは駐在員や富裕層の方々が多い印象です。

ここを利用するのはジャパニーズヘルプデスクなどの外来クリニックでは対応しない患者さんたちで、主に入院を目的としています。写真のように廊下一面に手入れがされており、1階部分には段差が少なく、全てスロープになっていました。

自動販売機や銀行ATMも設置されており、長期の入院としても生活できるような病院です。

入院病床を見させてもらうこともできました。

入院病棟は全て部屋の扉が閉ざされており実際の患者さんと対面することはなかったのですが、空き部屋をひとつだけ紹介します。

写真にように寝返り困難な方に対して角度をつけるような機能もあり、またベッドの横には”家族用のベッド”が設置されていました。

というのも、フィリピンでは家族の介護力が大きいテーマとなるようで、入院患者に対する基本的な介護や投薬を家族に任せているということです。

入院したら病院に任せっきりになってしまう現代の日本社会とはまた違ったシステムなので、新鮮でした。

 

以上がジャパニーズヘルプデスクとチョン・ワ病院の見学レポートでした。

セブ島留学中に体調を崩した時には、迷わず電話しましょう!

■ジャパニーズヘルプデスク:(032)318-6507
■チョンワ病院:(032)255-8000
■セブクターズ病院:(032)516-3341

最後までお読み頂きありがとうございます。

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部

HLCA BLOG編集部です! 医療英語やHLCAでの学校生活、セブ島の情報など、医療従事者や医療系学生、セブ島留学を考えている方に役立つ情報を発信しています。 「海外の患者様が来たらどう対応したらいいの?」「海外の病院ってどんなかんじ?」と思ったときにはぜひ、このブログを読んでみてください!