よくあるご質問 > HLCAについて >

vol.97 「Interjection(前編)」

HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部
公開日:2016.06.28
更新日:2020.05.21

interjection is a word used to express a particular emotion or sentiment on the part of the speaker. 英英辞典にはこのように記載されていました。 Interjection(間投詞)とは、特定の感情又は話し手の感情を表現する言葉です。 英語で会話するにあたり、この間投詞はとても重要な役割を果たします。 驚きや喜びなどの喜怒哀楽を伝える際に使うことができますが、インフォーマルの表現なのでカジュアルな会話の際に使ってみてください! 前編と後編に分けてご紹介します(^0^)/  

①Yeah

こちらは “Yes”の砕けた言い方です。 カジュアルな会話の相槌の際に使ってみてください。

②Nah

こちらは “No”の砕けた言い方です。 ①の “yeah”と併せて使ってみてください!

③Yey!

日本語でも馴染みのある「イエーイ」ですね。 同意する際や嬉しい時に使います。

④Yipeeh! ⑤Hurrah!

③と同様で嬉しい時に用いますが、③よりも一層嬉しさが伝わります!

⑥Boo

こちらは③の反義語でネガティブな表現です。 同意しない際に「ブー」と言います。

⑦Ugh

発音は「アー」です。 こちらは嫌悪感や失望感を抱いた時などネガティブの際に使います。

⑧Yuck ⑨Ewww

⑦よりも更に強いネガティブな表現です。日本語で言う「ゲー、オエー」です。 ⑧は男性が使う表現で⑨は女性が使う表現です。⑨は主にティーンエイジの女の子たちが使います。

⑩Ohh ⑪Ah

「おお!」「ああ!」といったような、喜び驚き悲しみなど様々な場面で使うことができます。 個人的にもこの間投詞が1番使っている気がします!

⑫Aha

突然何かを思い出した時や発見した時に使います。

⑬Bingo

こちらも⑫と同様の意味ですが、⑫よりも日本人には馴染み深いですよね!

⑭Huh

発音は「ハー?」です。 困った時や聞き返したい時に使います。

⑮Hmmm

考えている時に使います。相手に何か聞かれて答えを考えている際に使いましょう! いかがでしたか? 英会話の際にこのような間投詞を用いることで、より一層相手に自分の気持ちを伝えることができます。とても嬉しい時に、ただ “I’m happy!”というより、 “Hurrah! I’m happy”と言ったほうが相手にもあなたの感情が伝わります。 言い慣れていないとなかなか会話に取り入れにくいですが、簡単なものから挑戦してみてください。次回はこの続きで後編をアップするのでそちらも併せてご覧ください☆]]>

【HLCAで医療英語を学びませんか?】 医療専門の英語学校・看護留学のHLCAは、医療英語を学ぶことができたり、
海外ボランティアを通じ海外医療について学ぶことができる語学学校です。

「医療英語を最短で習得したい」
「海外医療現場の経験を積みたい」
という方は以下からお問い合わせください!

医療留学のプロによる無料のカウンセリングも受け付けております。

ライン

この記事を書いた人
HLCA BLOG編集部
HLCA BLOG編集部

HLCA BLOG編集部です! 医療英語やHLCAでの学校生活、セブ島の情報など、医療従事者や医療系学生、セブ島留学を考えている方に役立つ情報を発信しています。 「海外の患者様が来たらどう対応したらいいの?」「海外の病院ってどんなかんじ?」と思ったときにはぜひ、このブログを読んでみてください!