インターン生や留学生のブログ その他 ハルカのいろいろ

医療英語を生かして仕事をしたい人必見!医療インバウンド事業を知っていますか?

更新日:

 

皆さん「医療インバウンド」をご存知でしょうか?

今日、HLCAの生徒さんの卒業後の進路を見てみていたら、「医療インバウンド施設勤務」というのがありました。

最近よく聞くワードですし、なんとなくわかるような気もしますが、いざ詳しく説明してといわれると…難しい!

そこで、今回は「医療インバウンド」について調べてみました。

 

【目次】

1.医療インバウンドと医療ツーリズム

2.世界が求める医療サービスとは

3.医療インバウンドにおける日本の強み

4.医療インバウンドの課題

5.まとめ

 

 

1.医療インバウンドと医療ツーリズム

 

まず、医療インバウンドの意味と、時折セットにされて話題に出てくる医療ツーリズムの意味についてです。

 

「医療インバウンド(医療渡航)」とは、日本の医療機関による外国人患者の受け入れの中でも、日本の医療機関での受診を目的に渡航する外国人患者を受け入れることをいいます。

 

「医療ツーリズム」とは医療サービスを受けることを目的として他国へ行くことを意味します。観光のための旅行に来ていて具合が悪くなったから日本の病院へ行く、日本に住んでいる外国人が病院へ行くということではなく、日本の医療サービスを受けるために日本に来るということです。

 

そしてこの医療ツーリズムを使って、国内での医療産業を発展させたり、外貨を稼ぐというものが「医療インバウンド」です。

訪問する外国の方にとっては「医療ツーリズム」、受け入れる側にとっては「医療インバウンド」ということになります。

 

医療ツーリズムの考え方自体は、昔から存在しているものです。病気になった人が温泉を目指したり、評判の良い医者の手術を受けるために遠い土地まで移動したりすることも医療ツーリズムですね!

 

しかし近年何がおきているかというと、医療インバウンドを国を挙げて推進する国々が出てきました。

 

シンガポール・タイ・韓国・マレーシアなどではすでに事業として積極的に行われており、それぞれ「売り」があるそうです。

例をあげますと、シンガポールでは臓器移植類を含めた高度医療、タイでは低コスト、韓国では美容・漢方の推進、などです。

 

それぞれ医療の質の向上のためや、外貨獲得の手段として国を挙げて医療インバウンドの推進を図っています。

 

その背景にはアジアの医療の質が向上してきたことで、国境を越えて患者が移動する流れが活発化しているということがあります。

 

ただ治ればいいというだけではなく、サービスや価格の面でも医療は比較されていて、欧米や米国と競合できる力がアジアの国々についてきたということですね!

 

日本も負けていられません。では、日本はどのように医療インバウンドに参入していくのでしょうか。

 

2.世界が求める医療サービスとは

 

経済の発展と、求められる医療の間には深い関係があります。

 

経済水準が低い国では、衛生状態が悪く、感染症や寄生虫病などの疾患が多くみられる傾向にあります。そういった国々はまず公衆衛生の整備や母子保健の充実をしなければなりません。段々と経済水準が発展してくると、国民の健康水準が改善し、平均寿命が長くなり高齢化が進んできます。

 

そうすると、疾病の種類も進化してきて、がんや生活習慣病や老化に伴う疾患など感染性ではない疾患が多くなってきます。

 

いわゆる新興国と呼ばれるBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)などは一般的に先進国と比較して経済発展の遅く、今後高い成長が見込める諸国です。

 

特にアジア地域では経済成長が著しく、2050年には世界のGDPの50%超を占めると予測 されています。

(参考:日本経済新聞

 

こういった国々では経済水準の発展に伴い、寿命が延び高齢化が進んでいくと予想されています。さらに世界的に見ても、高齢化は進んできており、糖尿病患者や認知症患者も増えてきているというデータがあります。

 

(引用:経済産業省,外国人患者の医療渡航促進に向けた現状の取組と課題について

 

3.医療インバウンドにおける日本の強み

 

そこで、日本の出番!

 

日本ではすでに高齢化率が27.3%となっており、なんと世界で一番高齢化率が高い国なのです。高齢化社会の先輩とでもいうのでしょうか。そのためがん領域の治療や保健医療システム、予防を促す健康維持の仕組みに関してしっかりとしたノウハウを持っており、世界でも高い評価を得ています。

 

また、健康寿命(日常生活に制限のない期間)が世界1位ということも健康維持・予防・介護などのレベルの高さを裏付けているともいえます。

 

日本政府(特に経済産業省)は、このような質の高い医療を求めている患者に対し医療を提供することが国際貢献となり、かつ医療の稼働率があがるため日本の医療もさらに発展していくと考えています。

 

世界も幸せ、日本も幸せということですね。

 

そのため、医療インバウンドを推進していこう!という流れができてきているのです。

 

4.医療インバウンドの課題

 

医療インバウンドを進めていきたい日本ですが、まだまだ課題は多いようです。

「訪日前」「滞在中」「帰国後」に分けてまとめてみました。

 

【訪日前】

・日本へ医療渡航する外国人患者の実態把握が不十分

・日本の医療水準やインバウンド医療で治療を受けられることに関する認知度が低い

・医療渡航支援が可能な専門知識を持つ医療コーディネータが数少ない

 

【滞在中】

・通訳・翻訳の設備が整っていない。

・医療機関の体制整備が整っていない。

 

【帰国後】

・治療後の経過観察や治療継続に向けた海外医療施設との連携

 

訪日前の課題については、定期的に医療渡航受け入れ状況を把握するシステムを構築したり、展示会等でプロモーションを行ったり、コーディネート業者の質と量の向上に努めたりと、改善を目指していくそうです。

 

私が気になったのは滞在中の問題です。

 

滞在中の問題を考えるにあたって、経済産業省が行った国内医療機関における外国人患者の受け入れ調査を参考にしてみました。

 

(引用:経済産業省,国内医療機関における外国人患者の受入実態調査)

 

受け入れ意向についての調査では、年々受け入れ意向のある医療機関が増加してきており2015年には「受け入れ意向なし」が初めて50%を切っています。しかし、受け入れ経験のある医療機関は増加しておらず、体制や設備がまだまだ整っていないことが分かります。

(引用:経済産業省,国内医療機関における外国人患者の受入実態調査)

日本の患者さんだけで手いっぱいだよー、その上外国語なんて話せないよーという声が聞こえてくるようですね。

 

しかし、裏を返せば、もし外国語を話せるスタッフや医療通訳が増えれば、外国人患者を受け入れていきたいと思っている病院も多いということになるのではないでしょうか。

 

HLCAの卒業生の方の中にも、医療インバウンド施設で働いている方もいらっしゃいます。

医療現場で使える英語が話せるようになれば、こうしたインバウンド施設でも重宝される

存在になれそうなので、より選択肢が広がりますね!

 

5.まとめ

・医療インバウンドとは、日本の医療機関での受診を目的に渡航する外国人患者を受け入れること

・世界的に高齢化が進んでいく見通しであり、日本の医療が世界に貢献できる可能性は高い

・医療インバウンドを推進していきたい日本だが、課題は多いのが現状

 

 

今回医療インバウンドについて記事を書くためにいろいろな資料を見ましたが、世界の中での日本の立位置や強みを知るのは面白いですね!

 

医療を通じて、世界はつながっているということが分かりました!

 

 

【参考】

一般社会法人メディカルツーリズム協会

小松康弘,新興国を中心に広がりを見せる日本の医療インバウンド,2018,知的資産創造

Medical Excellence Japan

 

【過去のブログ】

★こちらもあわせてご覧ください★

【英検の医療英語バージョンがあるって知っていますか?医療英語留学後の英語力を証明するには医英検!】

英検の医療英語バージョンがあるって知っていますか?医療英語留学後の英語力を証明するには医英検!

ハルカでインターンをしています、高橋です!

日本では看護師として4年間働いた後、英語を使える医療者になりたいとの思いから、ハルカで医療英語を学んでいます。

-インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

Copyright© Happy Life Cebu Academy , 2018 All Rights Reserved.